京都にいた日々が恋しくて





 

 

 

謝謝Humi & Shuwei,要不是沒有Humi找的話,

在京都四年的我也不會在最後一年去了京都水族館(笑)

 

整篇的日文與圖文無關喔~不要誤會 XD

 

 


ね、また覚えていますか?私達が京都にいたの話

 

 


「光陰矢のごとし」というのは、初めて身をもって実感した、
大切な時間は、いつも何気なく、あっという間に過ぎてゆく

 

 


あなたと一緒にいた一年四ヶ月、今思い出せば、刹那ように、
うたかわのように、すぐ消えていく、
でも、その記憶ちゃんと胸の奥に刻んでいる

 

 


あなたの笑顔を見ると、微笑まずにはいられない
あなたの泣き顔を見ると、守らずにはいられない
あなたを見ると、愛しくて、心が暖かく感じ取る

 

 


ありがとう、あながが私に残してくれたもの
それは形もなく、深く心に刻んでいるもの
それは「愛」というものでしょう

 

 


俺はただ惚れた女に幸せになりたいだけだ
それはいままでも、これからも、変わらない
だから、さよならでも、元気でいてね

あなたのはくより

 

創作者介紹

blueappleの伽藍之洞

小蘋果 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()